blog

妥協と徹底

  • Posted on Apr.25.2017
  • by admin

毎年GW前後に花粉症で悩んでいるのですが、今年はまだ症状が出ていない現場管理の塚本です。

 

先日ある記事を読んで共感したのでその内容をちょっとご紹介。

 

宅配寿司の「銀のさら」創業者、江見朗氏の著書「怒らない経営 銀のさらを日本一にした「すべてに感謝する」生き方」という本を紹介した記事だったのですが、その内容は「宅配寿司なのだから普通の寿司屋より美味しくないのが当たり前」と言う業界の当たり前とされる妥協点を見直し、「宅配寿司は客席も要らないし人件費や設備投資を軽減出来るのだから、同じ価格帯ならお寿司屋さんの出前より宅配寿司の方が美味しくて当たり前」と言う考え方に立ち、業界国内シェア50%に成長したと言う内容でした。

 

どの業界でも共通して言えることだと思うのですが、「こんなもんだよ」「業界じゃ当たり前」と言う妥協がその業界や企業の成長を止めてしまう。

同業他社がその程度なのだから、自分たちはもっと徹底して差別化を図れるチャンスなのに、業界の妥協に乗って勝手に上限を決めてしまうのはもったいないと思います。

当然コスト面等で思う様に実現出来ない部分も多々あるでしょうが、他業界では当たり前に徹底されているのに自社では行われていない事はたくさんあると思います。

そういう部分にも目を向けて日々仕事に取り組めれば良いなと思いつつ、飲み会の後に記憶を無くしてる場合じゃないなと反省する今日この頃です。