blog

試験

  • Posted on Oct.27.2017
  • by admin

「君達!!おしゃべりするなら出ていきなさい!これは脅しじゃない!!僕は本気なんだ!!」と川村教授が切れた水曜日の2限。。。

 

急に大学時代のその日を思い出しました。

少し寒くなってきて寒さが苦手な私は震えながらもブログ更新に励んでいます。庄司です。

 

 

思い出したその日は試験があったのです。

初めて受けた試験は一学年下の人たちと受ける再履修クラス。

 

その日、まったく勉強をしていない私の頭の中はカンニングの事だけでした。

カンニングで重要なのは見る人と見られる人の信頼関係ってのは皆様もご存じですよね?しかし再履修のクラスに友達などいるはずもなく、簡単にカンニングをさせてくれる神様みたいな人なんているはずもないのです。

 

なのでたまたま座った席のたまたま前に座った人を信じなければいけないのです。

運よく頭の良さそうな女の子の後ろをゲット!!!笑

 

 

それではテストスタート!

 

 

Q1

心理学の研究の第一人者は誰でしょう。

 

女の子の回答「ヴント」

 

・・・え?笑

 

 

何それ?人の名前なの?なんて読むの?発音は?自分の目が悪いのかな。そんな適当にくじ引きで決めたような人間なんて存在しないでしょ?

これが見た瞬間に出てきた感想でした。

 

そして考え抜いた私の出した答えは「カント」

 

 

正解は「ヴント」

女の子正解!!笑

前の人を信じる前に自分の視力を信じてあげられなかった。。。

 

よくよく考えればカントは哲学者ですね。。

 

 

その後もカンニングし続けたわけなんですが、どれもこれも中途半端で微妙にしか見えない!!笑

 

 

一部分は必ず合っている私の回答を見て当時の川村教授は何を思ったのでしょうか。。。

 

 

皆様もカンニングの際は綿密な御計画を。

 

 

それではまた。