blog

郷に入れば郷に従え

  • Posted on Nov.02.2018
  • by admin

こんにちは、事務員のSです。

 

11月になり、日に日に朝晩の寒さが身に染みるようになってきた今日この頃。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

私はといいますと、先日人生のビックイベントを2つ終え、やっと身も心も現実に戻ってきたような感じです。

 

そのビックイベントの一つで、先週一週間お休みをいただき、初海外に行ってまいりました。

とっても素敵な時間を満喫してまいりました。

 

初めて海外に行ってきたのですが、日本とは違う、様々な規制の厳しさに驚きました。

①公共の場所では飲酒禁止。

②蓋の空いたアルコール飲料の持ち歩き禁止。

せっかくのリゾートだし、ビーチで一杯。←これもダメです。

知らなかったらやってしまいそう。

でも、この規制のおかげか、夜の街中を歩いていても、近づきたくないような酔っ払いみたいな人は一人も見かけませんでした。これはいいことだと思います。

日本では酔って騒いでる人とか今にも倒れそうな人いっぱい見ますから。

先日、日本でもハロウィンがあり、ニュースで渋谷の騒動やゴミ問題などたくさん取り上げられていましたが、この規制が日本でも適用になれば、ハロウィンももう少し穏やかになるのではと考えてしまいました。

 

もう一つ驚いたのは、

③歩行者が道路横断中に電子機器類の画面を見る行為は禁止。

※音声通話は画面を見る行為にはならないので、対象外だそうです。

これは、やってしまいがち。私もやってなかったかな?とちょっと不安になります。

異国の地で、目的地を目指すため、スマホに頼る場面が多かったので。

これも見つかると罰金がとられるそうです。

 

治安維持や交通安全対策の為、さまざまな規制がありました。

私もまったく知らずに、ルンルンしながら異国の地へ足を踏み入れたのですが、荷物の確認だけでなく、その土地のことについて下調べをしていくことも大切なんだなと改めて感じました。

「旅行で初めて来たんです。知らなかったんです」

なんて言っても許してもらえませんからね。

 

『郷に入れば郷に従え』

 

海外旅行に行かれる方は、その土地の規制についても頭に入れていくことをお勧めいたします。