のぞみ建設
のぞみ建設
のぞみ建設
のぞみ建設

blog

土用の丑の日

  • Posted on Jul.22.2020
  • by admin

こんにちは。

事務員のSです。

 

最近は梅雨の時期ということもあり不安定な天候が続いておりますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

天気予報も雨とくもりマークが並び、じっとりと蒸し暑い今日この頃。

こんな時はうなぎを食べて乗り切ろう!!という方も多いのではないでしょうか。

昨日7月21日は『土用の丑の日』

土用の丑の日にはうなぎを食べるというのはよく言われていますし、皆さんも一度は聞いたことがあるとは思いますが、実際『土用の丑の日』とはいつのことなのか、皆さんはご存知でしょうか。

 

私は言葉は知っていましたが、実際いつのことなのか知らなかったので調べてみました。

 

【土用の丑の日】

「土用」は立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の「期間」を示す言葉。

昔の暦では日にちを十二支(子、丑、寅、卯…)で数えており、土用の期間におとずれる丑の日を『土用の丑の日』という。

 

とのことでした。

事務所の大きいカレンダーを見ると、確かに日にちの数字の下に「ね、うし、とら、う…」と記載があり、7月21日の下に「うし」と書かれていました。

「これのことか!!」と納得。

昔の暦(十二支)が記載されたカレンダーはめったにないので気付かないですよね。今は十二支では数えないですから。

事務所に昔の暦(十二支)が記載されたカレンダーがあったのが奇跡と思うくらいです。(そんなことないのかな?)

 

そして『土用の丑の日』にうなぎを食べる意味は、

「土用の丑の日は季節の変わり目にあたるために体調を崩しやすいので、うなぎを食べて栄養をたっぷり摂ろう」ということらしいです。

 

実際にうなぎにはビタミンAやビタミンB群など、疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く含まれており、夏バテ防止にはピッタリの食材のようです。

 

皆さんも夏バテしないように、うなぎを食べて夏の暑さを乗り越えましょう!!

ちなみに今年は8月2日も『土用の丑の日』ですよ。

 

 

身近で発見

  • Posted on Jul.17.2020
  • by admin

こんにちは。

突然ですが、事務所にアロエが生えているのを発見!しました。
地植えのアロエは大きく育っていくらしく、
これからまだまだ大きくなるのかな、と観察が楽しみになっています。

aroe
ちなみにアロエの花言葉は、健康・万能・苦痛・悲嘆。
医者いらずと言われるだけあって、健康・万能は納得ですが、
苦痛・悲観と後ろ向きな花言葉もついていてびっくりです。
由来は、アロエの葉がとっても苦いから。

別の説では葉のトゲが理由とも。
調べてみると面白い発見がありますね。

以上、事務所よりお送りしました。

最近の趣味について

  • Posted on Jul.09.2020
  • by admin

こんにちは!

事務員のあんでぃーです。

 

今日は私が自粛期間中に趣味というか、夢中になったものを紹介したいと思います(^^)/

 

それは、動画配信サービスをTVで見る事です…。

定額料金を払えばドラマや映画が見放題のサービスです。

たくさんの中から私がドはまりしたシリーズを3つ紹介したいと思います。

 

1つ目が海外ドラマ『クリミナルマインドFBI行動分析課』

異常犯罪事件を解決していくドラマです。事件が1話完結なのもいいです。

ドはまりして何回も見直しています(笑)

 

2つ目も海外ドラマ『HAWAII FIVE-0』

特別捜査官チームの活躍を描いたドラマです。ハワイっていいなーなんて見てたら、ド派手なアクションシーンがあったりと見ていて面白いです。

 

3つ目が『孤独のグルメ』マンガからテレビドラマ化された作品です。

食べ物が美味しそうだこと。お店に行ってみたいなーって思います。俳優さんが素敵です。1話30分という長さもいいです。

 

他にも色々見たいドラマや映画はあるのですが、今は上の3つを全て見るので忙しいです!

 

ブログ

 

あえてタイトルをかくして3つのドラマの写真を載せてみました。

どの作品かわかりますか(^^)?

 

遠出が難しい今、家の中で出来る楽しい事を見つけられると、日々が楽しく過ごせますね。

しばらくはこれで休日を楽しめそうです(^^)v

 

以上、ドラマに夢中なあんでぃーでした。

台風対策

  • Posted on Jul.02.2020
  • by admin

最近は風が強い日が多いですね。

毎年夏の終わりが近づくと、日本列島には台風も近づいてきます。
大型で強い勢力の台風が上陸すると激しい雨風が吹き付け、木々が倒れたり建物の看板や屋根が飛ばされたり、川が氾濫したりと被害も大きくなります。
工事現場でも、暴風と豪雨に備えた台風対策が必要になります。
今回は、現場監督が施している台風対策についてご紹介します。

●足場の安全確保

ソース画像を表示

台風接近のニュースを耳にしたら、現場で一番先に安全を確保しなければならないのが足場です。
万一、暴風で足場が倒壊してしまうようなことがあれば、近隣をも巻き込んだ大きな事故につながる可能性があります。
外部への粉塵防止や資材の飛散防止のために足場にかけている養生シートは、強風時にはシート全体で強い風を受け止めてしまいます。
風を受けたシートは、風のパワーに耐えられず足場を引っ張って倒壊させる恐れがあります。
台風の時には、事前に養生シートを絞って足場に巻き付けておくか、撤去するなどの対応が必要です。
シートがなくなることで足場の中に風の通り道が作られ、強い風が吹いても足場に与える影響を軽減してくれます。

●飛散防止対策

ソース画像を表示

台風時は足場以外にも現場に置いてあるものが飛ばされて、近隣に迷惑をかけることのないよう注意をしなくてはなりません。
足場に置く布板も、風の強度によっては下から吹き上げる風で布板がガタガタと動き、爪が付いた布板であっても強風で飛ばされる可能性が否定できません。
万一、布板が飛ばされて近隣の建物や通行中の人などに激突することがあれば、大変なことになります。
布板は番線を使って結束しておくことも、万が一の状況を想定して事前にできる安全対策です。
その他に安全看板、安全旗、社旗、表示物、看板、カラーコーンなど飛ばされる可能性があるものは事前に撤去しておきます。
資材の中でもコンパネ、押出発泡ポリスチレンなどのパネル状のものは、特に風を受けて飛ばされやすいものです。
まとめて雨除けのシートで囲い、重しをして飛ばないようにしておきます。

●備えあれば憂いなし!

ソース画像を表示

台風は、必ずしも予想進路通りに通過するわけではありません。
急にスピードを上げることや予想とずれた進路を進むことも少なくありません。
手間がかかると思っていても、最悪の状況を想定して足場の安全対策や飛散防止対策を行っておけば万一、台風の直撃を受けたとしても直前になって焦ることはありません。
事故が起こってしまってからは遅いのです。
万全の体制で台風に備えることが大切です!