blog

台風

  • Posted on Sep.16.2020
  • by admin

今年も台風の季節がやってきました。

現場管理の藤村です。

 

毎年台風が来ると、建築中の現場に被害がないように対策を講じつつ、

無事に過ぎ去ってくれることを願いながらやり過ごす日々です。

 

台風などの強風の際は、どこからか物が飛んできて窓ガラスを破壊する恐れがありますが、

シャッターがついていれば安心です。

最近は情報番組やSNSなどで窓ガラスの内側に養生テープを貼るという対策をよく目にします。

これはガラスが割れないようにするのではなく、ガラスの飛散が防げるというものですが、

シャッターや雨戸がない窓には、ぜひやっておきたい対策です。

ただ、間違ってもガムテープは貼らないでください。

後で剥すのが大変です。

 

最近では、シャッターのない引き違い窓に、後付けでシャッターを取り付けるリフォーム工事もありますので、検討してみるのもいいかもしれません。

1日で終わる工事で、意外と費用対効果も高いリフォームです。

 

 

土用の丑の日

  • Posted on Jul.22.2020
  • by admin

こんにちは。

事務員のSです。

 

最近は梅雨の時期ということもあり不安定な天候が続いておりますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

天気予報も雨とくもりマークが並び、じっとりと蒸し暑い今日この頃。

こんな時はうなぎを食べて乗り切ろう!!という方も多いのではないでしょうか。

昨日7月21日は『土用の丑の日』

土用の丑の日にはうなぎを食べるというのはよく言われていますし、皆さんも一度は聞いたことがあるとは思いますが、実際『土用の丑の日』とはいつのことなのか、皆さんはご存知でしょうか。

 

私は言葉は知っていましたが、実際いつのことなのか知らなかったので調べてみました。

 

【土用の丑の日】

「土用」は立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の「期間」を示す言葉。

昔の暦では日にちを十二支(子、丑、寅、卯…)で数えており、土用の期間におとずれる丑の日を『土用の丑の日』という。

 

とのことでした。

事務所の大きいカレンダーを見ると、確かに日にちの数字の下に「ね、うし、とら、う…」と記載があり、7月21日の下に「うし」と書かれていました。

「これのことか!!」と納得。

昔の暦(十二支)が記載されたカレンダーはめったにないので気付かないですよね。今は十二支では数えないですから。

事務所に昔の暦(十二支)が記載されたカレンダーがあったのが奇跡と思うくらいです。(そんなことないのかな?)

 

そして『土用の丑の日』にうなぎを食べる意味は、

「土用の丑の日は季節の変わり目にあたるために体調を崩しやすいので、うなぎを食べて栄養をたっぷり摂ろう」ということらしいです。

 

実際にうなぎにはビタミンAやビタミンB群など、疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く含まれており、夏バテ防止にはピッタリの食材のようです。

 

皆さんも夏バテしないように、うなぎを食べて夏の暑さを乗り越えましょう!!

ちなみに今年は8月2日も『土用の丑の日』ですよ。

 

 

身近で発見

  • Posted on Jul.17.2020
  • by admin

こんにちは。

突然ですが、事務所にアロエが生えているのを発見!しました。
地植えのアロエは大きく育っていくらしく、
これからまだまだ大きくなるのかな、と観察が楽しみになっています。

aroe
ちなみにアロエの花言葉は、健康・万能・苦痛・悲嘆。
医者いらずと言われるだけあって、健康・万能は納得ですが、
苦痛・悲観と後ろ向きな花言葉もついていてびっくりです。
由来は、アロエの葉がとっても苦いから。

別の説では葉のトゲが理由とも。
調べてみると面白い発見がありますね。

以上、事務所よりお送りしました。

最近の趣味について

  • Posted on Jul.09.2020
  • by admin

こんにちは!

事務員のあんでぃーです。

 

今日は私が自粛期間中に趣味というか、夢中になったものを紹介したいと思います(^^)/

 

それは、動画配信サービスをTVで見る事です…。

定額料金を払えばドラマや映画が見放題のサービスです。

たくさんの中から私がドはまりしたシリーズを3つ紹介したいと思います。

 

1つ目が海外ドラマ『クリミナルマインドFBI行動分析課』

異常犯罪事件を解決していくドラマです。事件が1話完結なのもいいです。

ドはまりして何回も見直しています(笑)

 

2つ目も海外ドラマ『HAWAII FIVE-0』

特別捜査官チームの活躍を描いたドラマです。ハワイっていいなーなんて見てたら、ド派手なアクションシーンがあったりと見ていて面白いです。

 

3つ目が『孤独のグルメ』マンガからテレビドラマ化された作品です。

食べ物が美味しそうだこと。お店に行ってみたいなーって思います。俳優さんが素敵です。1話30分という長さもいいです。

 

他にも色々見たいドラマや映画はあるのですが、今は上の3つを全て見るので忙しいです!

 

ブログ

 

あえてタイトルをかくして3つのドラマの写真を載せてみました。

どの作品かわかりますか(^^)?

 

遠出が難しい今、家の中で出来る楽しい事を見つけられると、日々が楽しく過ごせますね。

しばらくはこれで休日を楽しめそうです(^^)v

 

以上、ドラマに夢中なあんでぃーでした。

台風対策

  • Posted on Jul.02.2020
  • by admin

最近は風が強い日が多いですね。

毎年夏の終わりが近づくと、日本列島には台風も近づいてきます。
大型で強い勢力の台風が上陸すると激しい雨風が吹き付け、木々が倒れたり建物の看板や屋根が飛ばされたり、川が氾濫したりと被害も大きくなります。
工事現場でも、暴風と豪雨に備えた台風対策が必要になります。
今回は、現場監督が施している台風対策についてご紹介します。

●足場の安全確保

ソース画像を表示

台風接近のニュースを耳にしたら、現場で一番先に安全を確保しなければならないのが足場です。
万一、暴風で足場が倒壊してしまうようなことがあれば、近隣をも巻き込んだ大きな事故につながる可能性があります。
外部への粉塵防止や資材の飛散防止のために足場にかけている養生シートは、強風時にはシート全体で強い風を受け止めてしまいます。
風を受けたシートは、風のパワーに耐えられず足場を引っ張って倒壊させる恐れがあります。
台風の時には、事前に養生シートを絞って足場に巻き付けておくか、撤去するなどの対応が必要です。
シートがなくなることで足場の中に風の通り道が作られ、強い風が吹いても足場に与える影響を軽減してくれます。

●飛散防止対策

ソース画像を表示

台風時は足場以外にも現場に置いてあるものが飛ばされて、近隣に迷惑をかけることのないよう注意をしなくてはなりません。
足場に置く布板も、風の強度によっては下から吹き上げる風で布板がガタガタと動き、爪が付いた布板であっても強風で飛ばされる可能性が否定できません。
万一、布板が飛ばされて近隣の建物や通行中の人などに激突することがあれば、大変なことになります。
布板は番線を使って結束しておくことも、万が一の状況を想定して事前にできる安全対策です。
その他に安全看板、安全旗、社旗、表示物、看板、カラーコーンなど飛ばされる可能性があるものは事前に撤去しておきます。
資材の中でもコンパネ、押出発泡ポリスチレンなどのパネル状のものは、特に風を受けて飛ばされやすいものです。
まとめて雨除けのシートで囲い、重しをして飛ばないようにしておきます。

●備えあれば憂いなし!

ソース画像を表示

台風は、必ずしも予想進路通りに通過するわけではありません。
急にスピードを上げることや予想とずれた進路を進むことも少なくありません。
手間がかかると思っていても、最悪の状況を想定して足場の安全対策や飛散防止対策を行っておけば万一、台風の直撃を受けたとしても直前になって焦ることはありません。
事故が起こってしまってからは遅いのです。
万全の体制で台風に備えることが大切です!

新型コロナウィルスに関するお知らせ

  • Posted on Jun.21.2020
  • by admin

こんにちは、施工管理の太田です。

皆様お元気でしょうか。

 

都内でもアラートなども完全に解除し、世間が緊急事態宣言前の動きに少しずつ戻ってきてるかなと感じるようになりました。

当社でも一部の商品で欠品・納期未定などの影響が出ておりましたが、ほぼほぼ通常納期にまで回復致しましたのでご報告致します。

その節は、状況をご理解いただいたお客様には大変感謝致します。ありがとうございました。

 

とはいえ、まだまだ油断を許せる状況ではございませんので、打ち合わせ時や訪問させていただく際は、職人含めマスクの着用など衛生的配慮を徹底させていただきますので、ご理解の程、お願い致します。

 

 

自粛期間に気がついたお家の心配事ございませんか?実際わりと多くのお問合わせをいただいております。

何かございましたら、些細な事でもご相談下さい。

会社は通常営業となっております。(定休日:土・日)

以上、太田でしたm(_ _)m

コロナ

  • Posted on Mar.12.2020
  • by admin

こんにちは、現場管理の藤村です。

日本国内でも新型コロナウィルスが猛威を振るい、

社会に様々な影響を及ぼしていますが、

建築業界もご多分に漏れずその影響を受けております。

特に中国に生産拠点をおいている各メーカー商品の遅延や受注停止が相次いでおり、

業界全体がバタバタと慌ただしくなっております。

一日でも早く終息に向かって、通常の状態に戻っていくことを願いつつ、

あの手この手で何とかお客様にご迷惑をおかけしないよう奮闘しております。

ただ、海外の工場が少しづつではありますが動き始めているようで、

明るい兆しも見えてきているようです。

止まない雨はない!

世の中色々な情報が出回っていますが、

デマに振り回されず、

根拠のない非科学的な対策で安心を得たりせず、

むやみやたらと不安にならないよう、

科学的に正しい行動をとっていきましょう。

 

大学入試

  • Posted on Jan.22.2020
  • by admin

こんにちは、事務のSです。

寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

先週末、最後のセンター試験が終了しましたね。

受験生の皆様、まずはお疲れ様でした。

ニュースでも取り上げられていますが、来年からは【大学入学共通テスト】に変わるようですね。

どう変わるのか詳しくは把握していませんが、受験生にとっては一大事。

私も進学校で、受験勉強をし、センター試験も経験しているので大変さがよくわかります。

 

試験自体が変われば、出題傾向も変わります。

こうなると、より個人の実力が試されることになります。

過去問を用いて勉強することもあると思いますが、過去問の出題形式に慣れすぎて、本番の出題形式に驚いて焦ってしまうなんてことになったら悔しいですよね。

勉強を重ね、知識、実力を付ける。

シンプルですが一番の対策です。

過去問も対策の一つですが、慣れすぎすぎるのは要注意です。

知識、実力が付けば、出題形式が変わってもこたえられるのです。

 

と言ってはみたものの、そんなことは受験生ならみんな分かっていること。

ただそれが一番大変なんですよね。

 

私が受験生のとき、部活も引退し、放課後や休日も学校に来て勉強。

勉強合宿なんていうのもありました。懐かしい。

センター試験直前の年末年始も気が気じゃなかったのを覚えています。

あの時は本当に大変でした。

 

その大変な時を経て、大学生になり、社会人になりました。

今考えれば、受験勉強の経験と努力から得たものは、知識、実力だけではなかったと思います。

 

受験生の皆さんは大変だと思いますが、今しかできない経験なので、後悔のないように頑張ってほしいと思います。

 

今年センター試験を受けた皆さんは、次は二次試験ですね。

あともうひと頑張り!!

受験生にエールを!!

 

寒い日が続きますね(´・_・`)

  • Posted on Jan.17.2020
  • by admin

こんにちは!

事務員のあんでぃーです。

 

最近ますます寒くなってきましたね(´・_・`)

 

寒いとお風呂に入るのがおっくうになりませんか?

(もしかして、そう思っているのは私だけ…)

 

家の中の急激な温度差により血圧が大きく変動することで

失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こし、身体へ悪影響を及ぼすことを

ヒートショックと言います。

 

「ヒートショックは知っているけど、どうしたらいいの?」

 

ということで、こんなものがあります。

ヒーター 本体

 

洗面化粧室やトイレに取り付けられるヒーターです。

 

マックス ヒーター

 

まあ、なんということでしょう

冷風も出ます!!!

 

洗面所に1台あれば、暑い夏も、寒い冬も

快適に過ごせますね(^^)

もちろん、ヒートショックの危険性も少なくなります!

 

以上、寒いとお風呂に入るのはおっくうですが

お風呂大好き(銭湯大好き)あんでぃーでした(*’▽’)

 

1月14日、火曜日

  • Posted on Jan.14.2020
  • by admin

おはようございます!1月14日、火曜日です!

そろそろ新年に入れた気合いもどこへやら、なんてことになっていませんか?壁にぶつかったようなことになっていたら、失敗覚悟で挑戦してみましょう!なにしろ今年はまだ始まったばかりなんですから。

ところで今日明日は小正月で、「とんど」がありますね。地方によっては「とんど:近畿・中国地方」「どんど:関東から北」「どんと:宮城」、変わったので言えば「鬼火焚き:九州」なんて呼ばれていたり。正月に使った門松やしめ縄などを燃やす行事で、家内安全などを祈願する祭事です。

病気、事故がないように神頼みも良いですが、自己管理で防げるものは防ぎましょう!